白内障を放置するとどうなるのかというと、最悪の場合、失明します。 白内障は、水晶体が濁ってしまう病気です。 自覚症状としては、目が霞んだり、遠くが見えづらくなったり、光がギラギラと眩しく感じます。 この時点で病院に行くと、点眼薬や内服薬を処方されます。 ただ、点眼薬や内服薬によって白内障の進行を遅くすることはできますが、白内障を治せるわけではありません。 残念なことに、今のところ白内障を治せる薬はないのです。 病院に行かないで治療を受けなかったり、薬が効かなかったりすると、白内障はどんどん進行します。 すると、水晶体が厚くなって、隅角が狭まり、緑内障になるのです。 さらに白内障が進行すると、水晶体の前嚢が破れて、水晶体の中身が出てきてしまい、ぶどう膜炎になるでしょう。 また、網膜剥離になることもあります。 そして、最終的には失明という最悪の結果になってしまうわけです。 実際に、白内障で失明した人もたくさんいます。 現在では、白内障が進行してしまった場合、手術という治療法があります。 短時間で終わる手術で、日帰りでも受けられ、また費用も結構安いんです。 白内障が進行したら、手術を受けることをオススメします。